膝が痛い君とお別れ〜膝が痛い原因から薬やサプリメント〜

膝が痛い君とお別れ

*

変形性膝関節症の原因は?

多くの人が悩まされている膝関節症の原因について紹介していきます。主な原因として足の筋力の低下や太ったことによる肥満が関係しています。

膝への負担が大きくなってしまうために、時間をかけてだんだんと膝の軟骨や半月版がだんだんとすり減ってしまいます。そのため、膝を動かすことにより痛みを伴うようになってくるのです。

日本国内だけでも1000万人近くおり、多くの人が悩みをかかえているのですが、あきらめてしまっている人も多いです。筋力の低下と時間をかけて膝の軟骨が減ってしまうのが原因となるため、高齢の人に発症がしやすい病気です。そのため、年だからとあきらめてしまうのですね。

しかし、若い20代や30代だとしても人によっては発症をすることはあります。特に女性の方で膝関節症に悩む方は非常に多いです。あきらめるには早い年齢の人もいるのです。現にわたしはあきらめるつもりなんてありませんでした。

変形性膝関節症といっても2つに分類されます。

  • 一次性変形性膝関節症/li>
  • 二次性変形性膝関節症

それぞれ、詳しく紹介していきます。

変形性膝関節症の種類

一次性変形性膝関節症

一次性変形性膝関節症は明確な原因がはっきりとわからないとされています。先ほど上げた筋肉の衰えや肥満、膝への負担のかかるスポーツを長年行っているなどの要因によって、じわじわと膝の軟骨が削られた人のことです。ただ、明確にどれが原因なのかの判別をすることはできません。

年をとって膝に負担がくる方で多いのが一時性となります。

二次性変形性膝関節症

二次性変形性膝関節症は原因が明確にわかることがあげられます。靭帯(じんたい)や半月版の損傷や脱臼、ねんざ、リウマチなどの理由から膝の間接への負担が大きくなることから軟骨がすりへった症状のことです。

20代や30代の人で怪我をするkとおによって膝痛が起こる人に多いです。

膝痛の改善方法は同じ

一時性と二次性とあるので、それぞれ治療法や色々と違いがあるのではと分かりづらくなってしまいますが、基本的に何故、膝関節症がおきたのかに違いはあれど、改善方法や予防方法はほとんど変わりはありません。

根本的な原因が膝の軟骨がすり減っていることなので、改善方法は同じとなるのですね。

病院などでの改善方法としては主に3つとなります。

  • 薬物療法
  • 理学療法
  • 手術

大抵の人はこの薬物療法をしながらリハビリを行う人が多いです。

薬物療法では湿布薬や炎症を抑える薬を服用をしていきます。膝の軟骨がすり減ったことにより患部が炎症を起こしてしまっているので、その炎症を治め痛みを軽減するようにします。また、ヒアルロン酸の痛みを和らげる方法もあります。

理学療法では装具を装着したりなどがあげられます。手術方法としては間接鏡手術とよばれる方法や骨を切ったりなどの大掛かりな方法となります。

そのため、比較的官位的な薬物療法を行いつつ、リハビリや運動を行って治療に専念する人が多いです。

最近人気なのがサプリメント

膝関節症に悩んでいる人でサプリメントを利用する人も増えています。わたしもサプリメントを飲んでいます。

主に利用している人が多いのがグルコサミン・コンドロイチン・ヒアルロン酸が含まれたサプリメントです。3つとももともと体内にある成分です。

グルコサミンには新しい軟骨の生成を促進させる効果があるとされています。コンドロイチンは軟骨に多く含まれている成分で、弾力性を保つ働きがあるとされています。ヒアルロン酸は膝が曲がる際のクッションの役割をしているとされています。

グルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸は治療薬などにも含まれていることも多い成分です。これら3つの成分が含まれているサプリメントを利用している人が多いのですね。

サプリメントとして飲んでも膝の軟骨まで成分が浸透せずに効果がないのではと疑問視されている声もあります。あくまで薬ではないので、治るといわれているわけではありません。

ただ、サプリメントを飲んだことにより痛みが軽減されたと喜んでいる人が多いのも事実です。試しに飲んでみるのもひとつの手ではないでしょうか!?

ちなみにわたしはグルコサミンの含まれたサプリメントを飲んでいます。

 - 変形性膝関節症について