膝が痛い君とお別れ〜膝が痛い原因から薬やサプリメント〜

膝が痛い君とお別れ

*

膝が痛くなる原因で多いのが変形性膝関節痛

膝が痛くなるのは何でなのか?
その原因を紹介していきます。

膝の痛みを伴う病気は沢山あります。怪我などを負った人であればそれが原因となっているので、理由は明確だと思います。しかし、普段生活をしていてだんだんと痛みがでてくるようになる人もいます。

怪我をしたわけではないのに・・・

こういった方に多いのが変形性膝関節症です。特に20代の人で発症をする人もいるのですが、40代以降となると急激に増加するのでこの病気である可能性が高いです。

変形性膝関節症の主な症状としては階段を下りるのがつらかったり、立ち上がったりするのも痛みを伴い、治療せずに放置をすると酷い人であれば、寝ていても痛むようになります。その理由としてはひざの滑膜(かつまく)が炎症を起こしているためです。

炎症を起こしているので関節を曲げることによって痛みがでてきます。また、炎症が酷くなればただ、寝ているだけでも痛みを伴うようになるのですね。

膝の滑膜が炎症する原因

膝の滑膜(かつまく)が主に炎症する原因としては2つあります。

  • 関節軟骨のすり減り
  • 半月板の損傷

50代・60代と高齢の方に多いのが関節軟骨のすり減りです。長年歩いてきたことによりひざの軟骨がだんだんと摩擦によってすり減ってしまっています。しかし、勝手に人体が修復をするようなことはないので、滑膜を刺激することになります。結果、炎症を起こしてしまうのです。

また、半月板の損傷に関してもほとんど同様のことがいえます。半月版はコラーゲン繊維が網状に重なりあってできている組織になるのですが、足を動かす際に足の太もも部分と膝より下の部分の軟骨がすれるクッションの役目をしています。ただ、長年足を酷使してきたことにより断裂していたりするので、滑膜が刺激され炎症を起こすのです。

滑膜が刺激されたことにより炎症を起こしているのですが、そもそもの原因である軟骨と半月板がすり減ってしまっているので、炎症を抑える薬を飲んでもほとんど症状が良くならないことが多いのですね。

変形性膝関節症になりやすい人

変形性膝関節症になりやすいので注意をしなければならないのは下記の4つのどれかに当てはまる人です。

  • 女性である
  • 肥満・太っている
  • スポーツをしている人・してた人
  • 肉体労働の仕事をしている
  • 高齢の人(40代・50代・60代)

変形性膝関節症は主に女性の人が発症しやすいです。男性に比べて女性は筋力のつきかたが弱く関節の構造も小さい人が多いです。そのため、関節軟骨への負担も大きくもともとの量が少ないので発症する可能性が高いです。

また、肥満のやスポーツ、肉体労働をしている人も注意が必要です。

体重が重いほど膝へかかる負担は大きくなりますし、肉体労働やスポーツをすることで負担が大きくなっており、軟骨や半月板がすり減る原因となるのです。高齢の人であれば、激しい運動をしていなくとも長年の負担がかかっているので発症する人が多いのですね。

変形性膝関節症の患者数は日本だけでも800万人以上いると推定されており、多くの人が悩みをかかえています。

膝が痛い人でサプリメントを利用する人が多い理由

ここまででご紹介させて頂きましたが、膝が痛いのであれば変形性膝関節症である可能性が非常に高いです。根本的な原因は半月板と関節軟骨がすり減ってしまったのがあげられます。

この半月板に関してはコラーゲン繊維でできています。
そして、軟骨に関してはグルコサミンが原料となっています。

そのため、サプリメントでコラーゲンやグルコサミンを補給しようとする人が多いのですね。そして、コンドロイチンにはクッション性を保つのに必用な成分となり、ヒアルロン酸は関節の動きを滑らかにするといわれています。

そのため、サプリメントでコラーゲン、グルコサミン・コラーゲン・ヒアルロン酸を補給しようとするのです。

 - 変形性膝関節症について