膝が痛い君とお別れ〜膝が痛い原因から薬やサプリメント〜

膝が痛い君とお別れ

*

女性は膝痛に注意

男性よりも女性の方が膝の痛みをかかえている人が多いのを聞きました。
その原因はなんなのでしょうか?
原因さえ分かれば対処のしようがあるのでしょうか?

回答
膝をかかえている女性は男性に比べて圧倒的に多いです。女性は変形性膝関節症などの膝の痛みをかかえやすい特徴があるのですね。

性別によって膝の痛みが変わってくる原因としては2つあります。

  • 筋肉量が少ない
  • 関節が小さい

男性と女性の性別で大きく違うのは骨格のサイズや筋肉のついている量です。もちろん、女性にも骨格が大きい女性や筋肉量の多い人もいるのですが、圧倒的に男性の方がサイズが大きい人は多いです。

では、それぞれ膝の痛みとどのように関係してくるのでしょうか?ひとつひとうご案内していきます。

筋肉量が少ない

膝は体の上半身の体重全てを支える役割をしていきます。そのため、からだの中でも負荷が多く、怪我をしやすい場所となるのですが、体重を支えるにあたり筋肉量が少ないと他の部分に障害が生じてきます。それが、膝の関節部分の骨などとなってくるのですね。

筋肉量が少ないと関節部分への負荷は大きくなり軟骨や半月板のすり減りが多くなってきます。そのため、変形性膝関節症が生じる原因となるのです。

男性よりも女性の方が筋肉量が少ない人は多いです。そのため、同じ体重でも女性の方が膝にかかる負荷は大きかったりするのです。できるだけ、散歩や運動をするなどして膝の筋肉が低下しないように気おつける必要があります。

関節が小さい

女性は男性よりもからだが一回り小さいです。筋肉量もあるのですが、関節のサイズや骨格も小さいのでからだが小さいのです。

関節が小さければ当然、軟膏や半月板がする減ったことによる影響は大きくなります。もともとある量が少ないので同じ量がすり減ってしまったのであれば、女性の方が量が少なくなってしまうのですね。

膝が痛くなる原因である変形性膝関節症は軟骨と半月板がすり減ったことにより膝に負荷がかかり炎症を起こしてしまう病気です。膝の軟骨や半月板はグルコサミン・コンドロイチン・ヒアルロン酸などで構成されているのでサプリメントを摂取する人は非常に多いです。

膝が痛い人が利用しているサプリメントのマイケアのイタドリ北国の恵みを利用している人は非常に多いです。

女性で膝が痛みに悩まされないためには

変形性膝関節少になると近距離を散歩するのも痛みがあるので大変となります。それも何の対処もしないとどんどんと軟骨や半月板がすり減ってしまうので痛みも大きくなってしまいます。そのため、だんだんとからだを動かせないようになります。

痛みは増す一方となるのでできるだけ痛みを感じたのであれば早い段階で歩くなどしてリハビリをするようにしましょう。散歩やウォーキングをすることで筋肉量の増加と体重の減少対策をおこなうことで膝への負荷を軽くすることができます。

何もしないと症状は悪化する一方で散歩をするのもつらくなるので、まだ、何もしていないのであれば今日からでも毎日からだを動かすようにしましょう。

また、さきほど紹介したようにマイケアのイタドリや北国の恵みなどのグルコサミンが配合されているサプリメントを摂取するのも一つの手です。

>>>グルコサミンサプリメント

男性と女性では体のつくりが違うので、圧倒的に女性の方が膝の痛みを感じやすいのじゃな。膝の痛みは勝手に治ることはないどころか悪化する一方なのじゃ。すでに痛みをかかえているのであれば痛くて動けなくなる前に散歩するなどしてひざへの負荷を下げるようにしよう。

 - 膝の痛みに関するQ&A