膝が痛い君とお別れ〜膝が痛い原因から薬やサプリメント〜

膝が痛い君とお別れ

*

関節痛で水を抜くと痛みは緩和されるか?

関節痛で膝が痛いので病院へいくと水がたまっているといわれることがあります。水がたまっているので注射で抜きましょうと診察されることは多いのですが、関節痛の痛みは緩和されるのか気になる方も多いかと思います。では実際どうなのか紹介していきます。

結論からすると痛みが緩和します。ただし、どの程度水がたまっているのかや症状にもよって変わってきます。

まず膝に水が溜まる原因を知る必要があります。お医者さんによっては分かりやすくするため水がたまっているときちんと説明しない人もいるのですが、厳密にいうと普通の水分ではなく関節液と呼ばれるものがたまっている状態となります。

関節液が大量にたまる原因としては軟骨のかけらが体内にあること。

関節液の中に軟骨がたまっているとそれを排除するためにも関節液を過剰に分泌して洗い流そうとします。しかし、過剰に分泌したことにより、膝蓋骨(しつがいこつ)とよばれる膝の少し上の辺りに分泌された液がたまるようになってしまいます。

関節液が大量にたまることによって、ひざが動かしにくくなるなどの影響が出るほか、滑膜や関節包と呼ばれる体内の組織がひっぱられるようになるため、痛みがあらわれるようになるのです。

どんな症状なら水抜きで痛みが緩和できる?

膝に溜まった水を抜くことで痛みを緩和することができるのは症状の悪い人となります。先ほどもご紹介したように関節液がたくさん溜まることによって、ヒザが動かしにくくなるなどの影響がでるとともに、体内の組織がひっぱられ痛みを感じるようになります。

ようするに膝に水が溜まったことにより痛みが発生しているのであれば、痛みを和らげる効果があるのです。

変形性膝関節症の人は水がたまりやすくはあるのですが、大抵は膝軟骨と半月板がすり減っているためにおこる炎症が原因です。水がたまっているのとは関係していないので、膝関節症の部分に関する痛みをやわらげることができるわけではないのですね。

高齢の方でだんだんと膝が痛くなった人であれば痛みの原因は変形性膝関節症である可能性が高いので痛みが緩和されることはあまりありません。しかし、膝が急激に腫れて水が溜まった人であれば病院で注射で抜いてもらうことにより、楽になる可能性が高くなります。

膝蓋骨に水が溜まっているかの確認方法

膝蓋骨(しつがいこつ)に水が溜まっているかの確認方法を紹介致します。誰でも1分程度でできるので気になっている方は確認してみてください。

  1. 膝を伸ばした状態で座ってください。
  2. 膝の皿を太もも側から足元へ向けて軽く押したままにする。
  3. 足元側から太もも側へ余っている手で押さえる

上記を行ってステップ3が終わった時点で水が溜まっているとお皿が不安定になり浮いているのを感じます。逆に固定されているように感じるのであれば、水は溜まっていない状態となります。

ひとつひとつ詳しく解説していきましょう。

ステップ1ではひざを伸ばして座る必用があります。からだが硬くて座れなかったり痛みをともなう人は誰かに手伝ってもらうようにしましょう。その際は足を伸ばして寝そべれば問題ありません。

ステップ2ではふともも側から少し斜めに膝の皿を押さえるようにしていきます。抑えたまま余っているもう一つの手で今度は逆に下から抑えるのがステップ3です。

ようするに3が上手く行えている状態というのは太ももと足側と両方から膝のお皿を押さえている状態ということになります。

 - 変形性膝関節症について