膝が痛い君とお別れ〜膝が痛い原因から薬やサプリメント〜

膝が痛い君とお別れ

*

スポーツをしている人は変形性膝関節症になりやすい

膝が痛いと感じる病気で多いのが変形性膝関節症です。膝の軟骨と半月板がすり減ってしまっていることにより炎症を起こし痛みを伴う病気なのですが、スポーツをしているまたはしていた人は発症する確立は非常に高いです。

変形性膝関節症は40代以降の年寄りの人だと長年負荷をかけていることにより骨がすり減っているので発症する可能性は高くなるのですが、スポーツをしている人だと20代の若い年代でもなる可能性があります。

特に変形性膝関節症にかかりやすいのスポーツは下記の5つです。

  • 陸上競技
  • サッカー
  • 野球
  • バスケットボール
  • テニス

これらのよく走ったりするスポーツだと膝への負荷が高くなるので変形性膝関節症による膝の痛みを感じる人は多くなります。

部活動によるスポーツの膝への影響

学生時代は少し無理でも頑張ったりすることが多いです。部活動では自分のペースで行うことができず周りに合わせて運動量が決まってきます。しかし、10代の若いころのからだは成長途上にあるので骨格や筋肉のつき方もさまざまです。

そのため、膝への負荷が大きくなってしまうことがあります。

また、きちんと知識のある監督や担当の顧問でないと負荷のかかり過ぎるトレーニングなども全く分からないですからね。昔に行っていることが多いけれど最近では全く見かけなくなった部活動のトレーニングがうさぎ飛びです。

うさぎ飛びは膝の半月板などにかかる負担が大きいので怪我をするリスクが非常に高くなるので、最近では全く行われないようになっているのですね。

専門家でない担任の顧問が担当する学校生活での部活動では怪我を発症するリスクがあがる可能性があります。

膝が痛いくて歩くのもつらいなら

起き上がるのがつらい・長時間歩くことができない・階段を下りるのが大変・痛くて寝れないなどなどこれらの症状があるのなら変形性膝関節症の可能性は非常に高いです。

これらの症状は発症した人が感じる痛みなのですね。

変形性膝関節症は軟骨や半月板がすり減ってしまったことによる炎症による痛みです。そのため、すり減った骨を引っ付けるなんてことはできないので完治することはありません。

それどころか日々の生活でどんどんすり減っていくので症状は悪化をして最終的には介護無しでは生活ができなくなる人も多いです。そうならないためにもしっかりと対策をするようにしましょう。

最近であればグルコサミン配合のサプリメントを利用する人が多いです。膝の軟骨の成分であるグルコサミン・コンドロイチン・ヒアルロン酸などが配合されたサプリメントを摂取することですり減った軟骨の生成を促進させようとしているのですね。

特にマイケアのイタドリは非常に人気が高かったりします。スポーツをしていると変形性膝関節症が発症する可能性は高いです。もしも膝の痛みを感じ始めたのなら対策をしっかりするようにしましょう。

>>>マイケアのイタドリの口コミ

 - 変形性膝関節症について